歯の黄ばみをどうにかしたい

歯が黄色いことに悩んでいる人も多いと思います。私もその一人でした。歯を白くするという歯磨き粉などで一生懸命に磨いてもなかなか白くなりませんでした。何も考えずに磨いているだけでは白くはならないと気付き、その原因を調べてみました。

歯の黄ばみなどの汚れはステインという着色汚れが原因です。ステインについては、聞いたことがあるかもしれません。ステインを除去する歯磨き粉というのがテレビCMなどで流れているからです。私もそのような歯磨き粉でブラッシングをしていました。

色の濃い飲み物や食べ物を頻繁にとっていたり、煙草を吸う人はステインが付きやすいと言われています。ステインは食べ物に含まれるポリフェノールと唾液に含まれるペリクルが結合することで出来ます。ペリクルは歯のエナメル質にくっつく性質があるため、ステインが歯についてしまいます。そして歯についてから時間がたったステインはなかなかとることができません。通常の歯磨きだけではステインを除去するのは難しいのです。

歯の黄ばみを解消するには

歯の黄ばみを解消するにはステインを除去することが重要です。先ほども言いましたが、一度ステインが歯に定着すると歯磨きをしただけでは除去するのは難しいのです。ステインを除去するには通常の歯磨きではなくホワイトニングが必要になります。

ホワイトニングというのは、以前は歯科医院で行うしかありませんでした。歯科医院で行うホワイトニングをオフィスホワイトニングといいます。オフィスホワイトニングでは、強い薬剤を使いステインを取り除きます。効果が高く1回クリーニングするだけである程度白くなります。しかし、費用がとても高く1回で数万円以上、高いところだと10万円以上もします。そこで、自宅で安価にできるホワイトニング用のジェルや歯磨き粉が登場してきました。

ホワイトニングジェルは3千円程度で購入することができます。歯磨き粉で歯を磨くようにホワイトニングジェルでブラッシングをするだけなので簡単にケアできます。オフィスホワイトニングはすぐに効果がでますが、ホワイトニングジェルの場合は1ヶ月ほど続ける必要があります。

オフィスホワイトニングは刺激が強いので、虫歯がある場合はホワイトニングよりも先に虫歯治療をしなければいけません。ホワイトニングジェルなら、刺激の弱いものもあるので虫歯があっても使えます。

おすすめのホワイトニングジェル

ホワイトニングジェルは色々種類がありますが、刺激の弱いものがおすすめです。刺激の強いものだと、歯にしみてヒリヒリと感じることもあります。

私が使ったのはこちらのホワイトニングジェルです。ホワイトニングの効果だけでなく、虫歯予防もできるというのが特徴です。しかも厚生労働省が効果を認めた医薬部外品となっています。


私が使って良かったのはこちらのホワイトニングジェル

更新履歴